借金 多重債務 借金返済

Image Replacement

何かのきっかけで借金を抱えることになってしまった人は、苦しい思いをしていることでしょう。その苦しみを乗り越えるために参考になる話を紹介します。

借金に負けないためにどうすればよいか?

借金と闘う方法について紹介します。


借金を作らない・増やさない

借金を抱えてしまった人にはもう遅いのですが、まずは借金を作らないように気を付けることが最も重要です。限られた収入の中で生活し、安易にお金を借りず、計画的にお金を貯め、大きな借金になってしまうような行為を控えるようにしましょう。それによりまっとうな経済観念が身に付き、借金地獄に陥らないですむ可能性が高くなります。「当たり前だ!」と言われそうですが、それができずに特に大きなお金を稼いだ後に破産してしまう人が多いのです。


次に借金を抱えてしまった場合ですが、まずやるべきことは「借金をそれ以上増やさないこと」です。特にギャンブルなどが原因の場合、依存症になってしまっていることもあり、借金の増加を止めることが精神的に困難な場合もあります。特に初期段階で借金の増加を止められるかどうかが最重要です。初期であるほど借金も少ないことが多く、それが雪だるま式に増えてしまうことが多いからです。


適切な人に相談する

借金を返すことができず、新たに借金をすることがあります。まずは信頼できる人に相談しましょう。幸いにして頼れる人が肩代わりしてくれた場合、極めて幸運です。心から感謝し、着実に返済しましょう。そのような幸運に恵まれず、新たに消費者金融などに借金をすることになった場合、いわゆる多重債務者となります。この状態になると消費者金融業界のリストに載ることになり、高金利でお金を貸そうとするようなアプローチが多くなります。個人で解決するのは難しくなってきますので、独立行政法人国民生活センターの管轄する消費生活センターの多重債務相談窓口に相談しましょう。


悲観的にならず、強い心を持つ

借金を抱えてしまうと将来を悲観して、絶望的な気持ちになってしまうことがあります。それがさらに悲劇につながってしまうことがあります。悲観的なことを考えても何も事態は好転しないのです。世界に目を向けると日本よりももっともっと貧しく、食べ物も水も無く、誰の支援も受けられず、犯罪組織の被害に遭っているような方々も多数いらっしゃいます。日本では多額の借金を返済できなくなった場合は自己破産などの救済制度がありますし、圭活に困窮したら生活保護などの制度もあります。世界の最も悲惨な生活を強いられている人々と比べたら、多くの制度によって守られているのです。人間はわがままなもので、生活水準を上げてしまうとそれを下げることが非常に大きな苦痛を感じるようになります。世界にはもっともっと貧しさに苦しむ人も少なくないのです。自分よりも豊かな人を見て羨むのではなく、もっと大変な思いをしている人を見て強い心を持ちましょう。

逆境にある時には、何よりも心の持ち方が大切です。長い間に多くの人々に読まれ、苦しんでいる人々に力を与えて来た名著があります。読んでおいて損はないでしょう。


お金に関する知識を学ぶ

お金についての知識が不足しているために借金を膨らまし、破産してしまう方がいます。少しずつでも勉強することが大切です。

まず金利については理解しておくことが必要です。例えば金利5%と金利10%でお金を借りた場合、どれぐらいの返済期間で返済総額がどの程度になるのか、借りる前に把握しましょう。今ではインターネット上にローンの計算ができるサイトが多数ありますので簡単です。金利が1%増えるとどれほど返済総額が増えるのか実感できると思います。

反対に銀行などで預金した時に得られる利息を基に、預けたお金がどれぐらいの期間でどの程度増やせるのか調べてみましょう。ほとんど増えないのが分かると思います。

借金をして金利を乗せてお金を返済すると、どれだけ余計な出費が増えるのか、どれだけお金を貸している人々を儲けさせているのか理解できるでしょう。できるだけ借金をしないようにしましょう。


コンテンツ

1.借金を返済した人たち

2.自己破産(民事再生)した人たち

3.借金を作ってしまう原因

4.借金に負けないためにどうすればよいか?

5.収入を増やす!節約する!

6.女性の貧困について

7.高齢者(老後)の貧困について

8.交通遺児世帯の貧困について

9.借金返済(債務整理)方法

10.ギャンブル依存症

11.借金・貧困に関係がある統計情報

12.格差社会を知る・生き抜くための本

13.奨学金・学費貧乏

14.スポーツ選手とお金

15.ローンの審査が通らない理由は?


FXの仕組み