借金 多重債務 借金返済

Image Replacement

何かのきっかけで借金を抱えることになってしまった人は、苦しい思いをしていることでしょう。その苦しみを乗り越えるために参考になる話を紹介します。

女性の貧困について

何かの出来事がきっかけで大きな借金を抱えてしまうことがあります。そんな場合でも、定職に就いて、ある程度の収入があれば返済できる場合もあります。統計的には男性よりも女性の方が平均給与が低く、貧困に苦しむ人が多いようです。最近は「貧困女子」という言葉も頻繁に聞かれるようになりました。女性の貧困の実態を以下に記します。


低い給与

働く単身女性の3人に1人が、年収114万円未満といわれています。つまり月に10万円も稼げないということです。できるだけ家賃が安いところに住んだとしても、これではとても貯金できないでしょう。


女性でも高い給与を受け取っている人もいますし、給与で男女差が無い職場もあります。しかし、いろいろな調査で日本では男性の平均給与よりも女性の平均給与が低いことが示されています。例えばDODA転職支援サービスに登録した約16万人のデータによれば、2014年の女性の平均給与は354万円で、男性の平均給与481万円よりも127万円よりも低くなっています(http://doda.jp/woman/guide/data/a008.html)。このことが女性の貧困の最も大きな原因であることは間違いないでしょう。


それでは女性が貧困状態に陥るパターンをより具体的にみてみます。


給与が低い仕事に就く

4年生の大学を卒業し、新卒で就職する時が最大のチャンスです。しかし、大学によっては就職活動は楽ではありませんし、比較的有利な立場にあったとしても、現実を冷静に把握しながら、一生懸命就職活動をしなければ失敗してしまうこともあります。その結果、給与の低い仕事に就いた場合は、そのまま働き続けても通常はほとんど給与が上がらず、貧困状態が続くことが多いようです。正社員として就職できればまだ良いのですが、就職活動に失敗し、非正規社員あるいはアルバイトとして働くような状況となるとさらに厳しくなります。さらに奨学金などの返済すべき借金があると極めて厳しい状況となります。


離婚する

最近は昔の日本と異なり離婚率が上昇し、3組に1組は離婚すると言われています。離婚して、慰謝料や養育費を受け取ることになったとしても、実際には受け取れていない事例は数多くあります。男性側がかなりの高給取りでない限り、多くは期待できないでしょう。ほとんどの場合は、離婚後に女性も働いて、生活費を稼いでいかなければなりません。その結果、十分な給与の職に就けず、貧困に陥ることが多いようです。独身時代は高い給与をもらっていても、結婚・出産を機に退職した場合、離婚後に再就職しようとしても思ったような仕事に就けないことも少なくありません。

厚生労働省の発表によると、2011年度の調査に置いて日本の児童のいる1209万世帯の内、母子家庭は123.8万世帯、父子世帯は22.3万世帯となっています。ひとり親となった原因は離婚が多く、母子家庭で80.8%、父子家庭で74.3%です。母子家庭の平均年間就労収入は181万円で、苦しい家計状況が窺われます。


女性の貧困に関する書籍

NHKが取材し、報道した「女性の貧困」に関する書籍はこちらです。

内容紹介
大反響を呼んだ「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」、待望の書籍化です。
放送後に番組サイトのページビューが通常の約75倍となる大反響を呼んだ、
NHKクローズアップ現代『あしたが見えない~深刻化する若年女性の貧困~』(2014年1月放送)、
続編のNHKスペシャル『調査報告 女性たちの貧困~“新たな連鎖"の衝撃~』(2014年4月放送)の書籍化。
働く単身女性の3人に1人が、年収114万円未満といわれる日本。
本書では、親の世代の貧困が、子の世代へと引き継がれ、特に若い女性に重くのしかかっているという衝撃の現実を丹念に取材。


リアルな日本の女性の貧困を記した本

【目次】

第1章 貧困女子とプア充女子(貧困女子=小島涼美さん(23歳)の場合/「わたしは犬以下」 ほか)/第2章 貧困女子と最貧困女子の違い(「最貧困女子」は、セックスワークの底にいる/清原加奈さん(29歳)の場合 ほか)/第3章 最貧困少女と売春ワーク(なぜ家出少女たちは売春の世界に吸収されていくのか/「非行少女」から始まる ほか)/第4章 最貧困少女の可視化(ふんわり系美女の副業/地方週一デリヘル嬢 ほか)/第5章 彼女らの求めるもの(加賀麻衣さん(21歳)の場合/母親がケツもちで売春の勧め ほか)

貧困女子のリアル [ 沢木文 ]

なぜ、こんなに辛いの? 30代女子の本音

社会的に注目されている貧困女子はシングルマザーなどが多かったが、ここにきて、短大や大学を卒業した30代女性たちが貧困状態に陥っていることが表面化してきた。街金での借金、親からのDV、男性への依存など、悲惨な現状はネットや雑誌でも話題になり、反響は大きい。学歴があるのに、なぜお金に困るのか、なぜ人生を捨てたような日常になってしまうのか。親や上司の世代には理解しがたい驚くべき現実、そして意外と共感できるという同世代の女性たち。社会問題としての貧困女子を浮き彫りにする。)

貧困女子のリアル [ 沢木文 ]
価格:799円(税込、送料無料)


これらに書かれているように、貧困のため風俗業で働いたり、売春をしたりする女性がいます。一つにはこれらが手っ取り早くお金が稼げるというイメージがあるのでしょう。きれいごとを言うつもりはありません。借金を抱えて、貧困に陥った場合の苦しさは大変なものがあります。

しかし、好きでこれらをやるのでなければ、もう少し相手と距離を取って稼げるような仕事もあります。可能であれば相手と直接会わずに稼げる方がよいと思う人が大半ではないでしょうか?

以下のバナーは、風俗じゃないのに高収入の、電話、パソコンを使った、「チャットレディ」「テレフォンレディ」のお仕事で業界最大手のポケットワークのバナーです。同社はチャットレディ経験者から圧倒的な支持を受けています。風俗に飛び込む前にまずはチェックしてみては如何でしょうか?

コンテンツ

1.借金を返済した人たち

2.自己破産(民事再生)した人たち

3.借金を作ってしまう原因

4.借金に負けないためにどうすればよいか?

5.収入を増やす!節約する!

6.女性の貧困について

7.高齢者(老後)の貧困について

8.交通遺児世帯の貧困について

9.借金返済(債務整理)方法

10.ギャンブル依存症

11.借金・貧困に関係がある統計情報

12.格差社会を知る・生き抜くための本

13.奨学金・学費貧乏

14.スポーツ選手とお金


FXの仕組み