貧困 老後破産 借金返済

Image Replacement

老後破産の恐怖!平均寿命が伸びることは幸いなことですが、生活するためにはお金が必要で、定年後に給与収入が無い状態で長生きすると貧困・破産のリスクが高まります。多くの人が直面する老後破産の実態を見てみましょう。

高齢者(老後)の貧困・破産

老後破産が問題となっている

日本人の平均寿命が延びています。これは医療技術の向上、食事などの栄養面の向上、清潔さなどの衛生面の向上など、多くの努力によるものであり、世界に誇れることでしょう。しかし、このことが高齢者の貧困、さらには老後の破産など新たな問題を引き起こしています。

生活するにはお金がかかります。平均寿命が延びると、お金が足らなくなり、貧困・破産に至る確率が高くなるわけです。これは平均寿命が短かった時にはあまり直面することがなかった問題です。


なぜ高齢者は貧困に陥り易いのか?

現代社会では終身雇用制度はほぼ崩壊し、大企業に就職しても定年まで働き続けられる保証はありません。運良く定年まで働くことができ、退職金も受け取ることができたとしても、その後に仕事を続け、給料を稼ぐことは格段に難しくなります。定年前に比べると著しく収入が減少することがほとんどなわけです。それに応じて支出を減らす必要があるのですが、完全に支出をゼロにすることは通常できず、蓄えを減らしながら生活することとなります。そのため貧困と言われるような生活水準となってしまうことが多くなります。


これから高齢者の貧困・老後破産はさらに増加する?

それでも今の高齢者世代は、将来の若年層が高齢化した時よりは格段に恵まれている可能性があります。

まずは年金。すでに広く知られているように、年金制度は危機的な状況にあり、これから給付開始年齢の引き上げ、給付額の減額は避けられないでしょう。高齢者の重要な収入源である年金が今の高齢者世代よりも将来の高齢者世代の方が待遇が悪くなるわけですから、高齢者の貧困化を加速する大きな要因となるでしょう。

次に医療費負担の増加。膨張し続ける日本の医療費に国家財政も破たん寸前です。すでに高齢者の医療費の自己負担を増やす動きがあります。現役世代が高齢者世代を支えるという仕組みが、少子高齢化により継続できないことは誰の目にも明らかです。これ以上現役世代の負担を増やすわけにはいきませんので、やむを得ない措置でしょう。

日本で老いて死ぬということ 2025年、老人「医療・介護」崩壊で何が起こるか【電子書籍】[ 朝日新聞迫る2025ショック取材班 ]

給与収入・退職金が減少していく可能性も高いでしょう。終身雇用制がほぼ崩壊していますので、失業リスクもかつての日本よりも高そうですし、ソニーなどのように企業の給与でも年功分を廃止する動きが出ています。退職金の計算の基礎は給与額にありますので、結局は生涯賃金の減少になる可能性が高いでしょう。これは高齢者になった時の蓄えの減少、さらには受給できる年金額の減少にもつながると考えられます。

少子高齢化の進展、高齢者のみ・単身世帯の増加も見逃せません。かつては高齢者になり引退すると、若い子供世帯と同居することで、経済面で支えてもらうことが普通でした。現代では、未婚率も上昇し、そもそも子供もいない人も少なくないですし、子供がいても同居していないことが珍しくありません。そのため高齢者のみの世帯が増え、経済的に高齢者のみでやりくりしなければならないケースが増えてきています。

また最近は非正規社員の増加により、経済的な基盤が築けない現役世代も少なくなく、親世代が経済的に支えなければならないこともあります。その場合、親世代の経済的な負担により、老後の蓄えを準備できないケースもあります。いわゆる「パラサイト破産」というケースが増えつつあります。

これらのことを考えても、今後は高齢者の貧困・老後破産はさらに増加する可能性が高いでしょう。


高齢者の貧困・老後破産に関する書籍

このような厳しい状況ですので、高齢者の貧困・老後破産に関する書籍が発売されています。参考になる書籍をいくつか紹介します。

下流老人週刊東洋経済eビジネス新書No.137【電子書籍】

老後破産しないためのお金の教科書 [ 塚崎公義 ]

老後破産 [ 日本放送協会 ]

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃【電子書籍】[ 藤田孝典 ]

今なら間に合う 脱・貧困老後【電子書籍】[ サンデー毎日取材班 ]


老後破産しないためにはどうすればいい?

老後破産をただ恐れるのではなく、少しずつでも老後破産を回避する努力をしましょう。具体的には何ができるか以下に紹介します。完璧にできなくても、努力した分だけ効果があります。

(1)貯蓄をする:給与収入がある間に、少しずつでも貯蓄をしましょう。

(2)節約をする:コスト意識を持つようにし、無駄使いをしないようにしましょう。

(3)資産運用の勉強をし、経験を積む:少しでもお金を増やすことができれば、給与収入が無くなっても頼もしい収入源になります。しかし、銀行にお金を預けても、ほとんどお金が増えません。株式投資などの銀行への貯金以外の資産運用方法を習得する必要があります。しかし、一度も失敗せずに、最初からうまく運用できる人は稀です。失敗しても挽回できるように、なるべく早く勉強し、経験を積む必要があります。

(4)定年後にもお金を稼げるようなスキルを習得する:定年後にも働いて、給与収入が得られれば、貧困を回避できる可能性が高くなります。長い目で見て、時間をかけてスキルアップしましょう。

(5)栄養・休養を取り、適度な運動をして、健康管理する:高齢になれば身体のどこかは調子が悪くなるのが普通です。それでも栄養のバランスに気を付け、休養を取り、適度な運動をするような習慣を持っている人と、そうでない人では、病気になる確率は大きく異なります。病気になれば、医療費がかかり、それがきっかけで貧困に陥る例は珍しくありません。健康は最大の財産です。


株式投資は時間を味方にできる!

長生きすることにより高齢者が貧困に陥るリスクが高くなることを上で述べました。生きるためには生活費がかかるからです。長生きするということは時間があるということですが、この「時間」を味方にできるのが株式投資です。

株式投資は一般に「ハイリスクハイリターン」です。これは「高い利回り(投資収益率)を狙うとリスクが高くなる」ということを意味しています。反対に目標とする利回りを低くすれば一般にリスクが低くなります。利回りが低いということは1年間で稼げる割合が少なくなることですが、投資する時間を長く取れれば徐々に投資資金が成長し、トータルの稼ぎが大きくなります。

例えば毎年20%の投資収益率を狙うためにはかなりリスクの高い株式投資をしなければなりません。しかし、毎年5%の投資収益でよければ、リスクはもっと低く抑えられます。地道に投資資金を成長させられれば、5%の投資収益率でも稼ぎの絶対額は大きくなります。つまり100万円の5%は5万円ですが、1000万円ならば50万円、2000万円ならば100万円です。これが毎年不労所得として得られるならば、下流老人に陥るリスクは回避できる可能性が高くなります。


コンテンツ

1.借金を返済した人たち

2.自己破産(民事再生)した人たち

3.借金を作ってしまう原因

4.借金に負けないためにどうすればよいか?

5.収入を増やす!節約する!

6.女性の貧困について

7.高齢者(老後)の貧困について

8.交通遺児世帯の貧困について

9.借金返済(債務整理)方法

10.ギャンブル依存症

11.借金・貧困に関係がある統計情報

12.格差社会を知る・生き抜くための本

13.奨学金・学費貧乏

14.スポーツ選手とお金

15.ローンの審査が通らない理由は?


FXの仕組み